×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ☆ 

 東中の桜の木には、両思いになれるっていう伝説があるらしい。もちろん俺はそんなこと信じてない。
 もうすっかり葉桜となったその木の下に、バミューダとオージが立っている。風がざわざわと吹いて、枝が大きく揺れている。
「だから押すなよ」
「大吾、チョー気になってるくせに」
「うるっせえ」
 俺たちは校舎の陰に隠れて、ぎゅうぎゅう押し合いしている。けど、肝心のあいつらがなにを言ってるのか全然聞こえなかった。
 よーく耳をすませてみたけれど、聞こえるのは葉っぱのざわざわ言う音と、俺と一緒に隠れている友達ガキどものおしゃべりばかり。
「あ!! 大吾!!!」
「やべっ!!!」
 見つかった。バミューダがこっちに向かって走ってくる。俺は全力で逃げた。

ばみゅーだ★とらいあんぐる


 東中の一年三組の昼休み。教室はいつもにぎやかだった。
「でさー。こんど『Wii』でドラクエが出るんだって」
「マジー? 剣振って倒すの?」
 俺たちは祐馬、猪口、有賀と今度出るドラクエの話で盛り上がっていた。有賀が机から飛び降りて剣を振るっている。それを見て俺たちはまた笑う。
「ズバッ。かいしんのいちげき!」
「ももんじゃは起き上がった。仲間にしてほしそうにこちらを見ている」
「だが断る!」
「ははははは。あははははは」
「とおっ。食らえ! 必殺剣ーー!!」
 有賀と猪口の殺陣たてが始まった。「やるなっ」とか言いながら見えないライトセイバーでぶおん、ぶおんとつばぜり合い。俺は祐馬と机に座って足ぶらぶら。
「あー。また机に座ってる。いけないんだ」
 そこへ割って入ってきたのは、バミューダだった。
 俺は机から飛び降り、ポーズをとる。
「出たな! 怪人バミューダ!!」
「なに? いつも思うんだけどなんで怪人なわけ?」
 大豆生田おおまみゅうだ麗香。通称バミューダ。やや大きなセーラー服に身を包んで、髪の毛を二つに結んでいる。見た目は悪くない、というか普通、というか、むしろかわいいんだけど! もちろんそんなことは口に出して言えない。ぜーーーーったいに、言えやしない。
「くらえっ!! はかいこうせんーー!!」
「そんなの効くかあーーーっ!!」
 その怪人バミューダが、はかいこうせんをものともせず、歯をむき出しにしながらこっちに向かってきた。
 俺は机を盾にしてさっと隠れる。そして攻撃のチャンスをうかがった。
 祐馬、猪口、有賀もそれにならって机に隠れ、そして素早く取り囲むように動いた。こいつらは東小のときからの友達だ。何も言わなくてもさっと遊びに混ざってくる。
「大吾隊員! こいつは手ごわいぞ!」
 有賀が叫んだとおり、バミューダの動きも素早く、なかなか包囲網が完成できなかった。机が乱れる、椅子も乱れる。「またやってるー」と女子たちの声がする。

 俺とバミューダはあかつき幼稚園、東小、そして東中とずっと同じところで、家も隣同士。いわゆる幼馴染ってやつだ。
 だから知っている。昔のバミューダは今みたいに勝気で俺を言い負かすような子じゃなかった、ってことを。むしろいつも泣いていた。泣き虫バミューダ。ばみゅーだ、って言われるのも嫌がってた。俺はそれを知ってた。
 でも。いつの頃だったか、今まで泣き虫で俺たちに何も言い返せなかったバミューダが、俺たちにやり返してくるようになった。今ではクラスの女子の中心的存在として、よくはしゃいでいる。
 もちろん、そうなってから余計に俺たちの攻撃の的となっている。やっぱり泣き虫よりは一緒にぎゃーぎゃー騒いでくれるやつの方が楽しい。
「おい怪人! 机押すのは反則だろー!!」
「うるさいっ!」
 机を割って目の前に現れた怪人バミューダに、俺はキョドった。慌てて、足がもつれる。その隙を逃さず怪人バミューダは、びし、とほんの軽くおでこにチョップをくらわせた。
「ぐわー! バミューダの必殺技、ソリッドスラッシュがー!」
 俺はおおげさにのけぞる。怪人バミューダの手から発せられた必殺技によって俺はダメージを負ったのだ。もちろん命名は俺だ。今つけた。「なにそれ」というバミューダの声を受け流して、そのままばったりと倒れこむ。
「なにー! やられたか、大吾隊員!」
 俺の後を追って、祐馬、猪口、有賀がバミューダにビームを浴びせる。
「もうっ! しつ・こい・なあっ!!」
 バミューダが一喝しながら机を押すと、彼らも「うわー」とか言いながらおおげさに倒れた。俺たちの全滅だ。ちょうど予鈴が鳴る。先生が入ってきて「机ぐちゃぐちゃじゃーん! 直しなさい」と言う。みんなぎゃーぎゃー言いながら机を動かす。でもあまりはかどらない。俺は机を直すこともせず、自分の席、窓側の前から二番目の席に座った。
 今日もバミューダ退治は失敗に終わったのだった。あーあ。これから数学かぁ。

★ ☆ ★

「はい、いいですかー? 最近物騒な事件が起きていますね。うちの学校の周りでも変な男の人がうろついていたとか、変な人影を見たとかいう情報があります。みんな帰る時は一人にならないように、気をつけて帰ってください」
 ホームルーム。退屈な先生の話を聞き流して、俺はやる気なさそうにおしりを前の方にずらして座る。すると後ろから小突かれた。有賀だ。うっせえなあ、と無視していたけど、つむじ十秒押しが達成されそうになったから俺は振り向いた。
「おいー」
「大吾君! 聞いてた?」
 と同時に、先生からのご指名。俺は「あー」と曖昧な返事をする。クラスが笑い声に包まれる。俺は照れながらクラスを見回す。
 みんなが笑っている中。ただ一人、バミューダが真っ白い顔をして下を向いていた。
 あれっ。と思う間もなく、先生が話を再開した。渋々前を向く。
 なんだろ? 見間違いだったのかな?
 そんなこんなで、ホームルームも終わり。勢いだけはよく「さよーなら!」とあいさつする。
「もう少ししたら部活が始まるんだよ。君たちは毎日忙しくなるよ」と先生は言ってたけど、まだまだそんなの先だ。俺はとっとと帰るつもりでいたけど、祐馬が予定表を書き写し終わってないっていうから待ってた。
 気になるのはバミューダだった。心ここにあらずと言った感じで、女子たちの話にあまり加わらず、難しい顔でぼんやり下の方を見つめている。
 そういう顔を見ていると、むにーっと引っ張りたくなる。俺はたまらず、飛び込んだ。
「とうっ! どうしたばみゅーだめぇ!!」
「なによっ」
 バミューダは、きっ、と怖い顔をして、「行こっ」と女子数人で帰っていった。茶化す間さえなかった。ちぇっ。
 そこへ声をかけてきたのは、オージだった。
「大吾ーっ」
「なにー?」
「聞いたよー。大豆生田おおまみゅーだと幼馴染なんだって? いいなあ」
「なにが。どこが。てか、おおまみゅーだってなに」
 呼ぶならちゃんとバミューダって呼べ。
「いやーそれ、かわいそうだよ」
「どこがっ」
 佐々木大二郎だいじろう。通称オージ。大二郎という名前とはたぶん関係ない。「王子っぽい」キザったらしいふるまいでオージ。西小ニシショーのやつらがそう呼んでいるから、俺たちもいつの間にかそう呼んでいる。
 東中にあがってくるやつは、東小と西小と、半々ぐらいだ。こいつは西小出身だった。まだ新学期になったばっかで、俺たちはお互いのことをあまり知らない。俺は東小の奴らと遊んでばっかりいた。
 やつは俺を階段の踊り場の隅に連れ込むと、遠慮がちに聞いた。
「ねえ、大吾って大豆生田と、その、つ、付き合ってんの……?」
「はあああああああ!??」
「あっ、しーっ、しーっ」
 なに言ってんの? 付き合うとか。そんなことをどもりながら言った気がする。かっかしている俺を見ながら、なぜかオージは微笑んでニヤニヤしている。余計に腹が立つ。彼はそっか、と言いながら髪をさらっと撫でた。
「じゃあ俺、告白しちゃおうかな……」
「は?」
 今度こそ、何言ってんの? と思った。しかもあのバミューダに? 信じられない。
 そりゃちょっと顔はかわいいかもしれない。でも口やかましくて、すぐ先生に告げ口したりチクッたりして。付き合ったりとか、ばかじゃねーの。
 でもオージはニヤニヤしてるだけだった。むかつく。むかつく。
「あー大吾! いたいたー!」
 祐馬が探しにきたから、俺は呼びかけに応じて階段を下りていった。
「なにしゃべってたの?」
「なんでもねーよ」
 走りながらそう答えた。でもなにかもやもやする。

★ ☆ ★

 そんなこんなで、オージがバミューダに告白するって話はあっという間に広がった。放課後、伝説の桜の木の下で。なぜかひにちまでも噂は広がっていて、俺たちは校舎の裏から観察することにした。
 バミューダをからかういいネタになるからであって、決して、気になるとか、そういうことじゃない。ないはず。
 結果は、この通り。
 俺がバミューダに見つかり、ぶち壊しにする形で幕を閉じた。
 バミューダに追いかけられ、俺――俺たちは縦横無尽に走り回った。ようやくバミューダの姿が見えなくなり、振り切った、と校舎の裏に戻ってきたら、すっかりみんないなくなってた。
 あきらめて帰るか。あーあ。ゲームの話したかったのに。

 夕焼けの中、俺は帰り道をとぼとぼと歩いていた。
 そういえば、先生は「一人で帰るな」って言ってたっけ? 俺は早速守っていなかった。みんないなくなっちゃったし、しょうがないじゃん。
 でも、こんなことを誰が予想したっていうんだ。
「そこの君っ!」
「はっ?」
 振り返ると黒いスーツに身を包んだ男たちがビシッとポーズを決めていた。黒スーツ、黒ネクタイに、黒いサングラス。髪の毛はみな同じように固めてある。
 うわーーー、あやしい。
 びっくりするよりまず先にあやしいと思った。それにしても、全然気づかなかった。いったいどこから出てきたんだ。
 じろじろ見ていると、男たちはえりを正した。ピシッと。ハリウッド映画みたいにキマっている。だけど、なんでこんなやつらがここに?
「君っ。あだ名撲滅委員会に入る気はないか?」
 俺がぽかーんと返事をしないでいると、男は勝手にうなずき、話を進めた。
「うむ、よくぞ聞いてくれた。あだ名撲滅委員会は、文字通りあだ名を撲滅させる組織だ! 不名誉なあだ名をつけられて、嫌な思いをしたことはないか? 私たちは、そんな君の味方だっ!!」
 ジャキーン! というなぞの効果音とともに、男たちはまた戦隊もののようにポーズを決める。
 とりあえず、こう思った。
 間違ってる。
 俺にはそんな経験はない。声かけるんなら……バミューダだろ。言いたくはねーけど。
 それにそれに。黒スーツでかっこつけて「あだ名撲滅委員会」はナイだろ!?
「ありえねー……」
 それが素直な感想だった。
「え?」
「いや、どーでもいい。意味わかんねー」
 先頭にいる男の笑顔スマイルが崩れる。
 あまりのわかりやすさに、ぎょっとした。俺は慌てて弁解する。
「だって、俺別に嫌な思いとかしたことねーもん」
「そうか……残念だ」
 男たちは意味深にうなずきながら、歩み寄る。俺はじりじりと後退する。
「なに? なんで近づいてくんの?」
 なんとなく気味が悪い。
「では私たちは君を教育する。そう、二度と人をあだ名で呼ばないように! ひいては二度と人を傷つけることのないようにな!」
 意味わかんねえ!
 男たちは歩みを止めないどころか、速くなってきた。俺ももはや後ろを向いてられるほどの余裕はない。くるっと向きを変えてかけ出した。追いかける男たちの足音がドタドタと大きくなる。
 とりあえず家まで帰ってしまえば勝ちだ! 俺んちはこの細い私道を抜けてすぐそこだった。砂利に足をとられそうになりながらスピードを上げ、角を曲がる。
 だが、そこには同じ黒スーツの男が待ち構えていた。
「なっ!? なんだよこりゃあっ!!」
 俺は急に止まることもできず、目の前の男の脇をすり抜けようとする。
 華麗によけた、と思った瞬間、学ランの袖口がつかまれる。
「くっ! 待ちたまえ君っ!!」
 腕をひねりあげられた。
 ダメだ。絶体絶命のピンチだ!
「待ちなさぁい!!!」
 観念しかかったとき、そこへ黄色い声が、降ってきた。
 草ボーボーの空き地に建てられたプレハブの屋根の上に、人影がひとつ。
「卑劣な悪をゆるさないっ!! 魔法少女マジカル☆レイカ見参!!!」
 俺はぽっかりと大口を開けた。
 そこに現れたのは、どう見ても。

 バミューダだった。

「くっ! 現れたなマジカル☆レイカ!! 今日こそは成敗してくれる!!」
 男たちは当然のように答える。
 不思議なことに、この状況を誰もおかしいと思っていないようだった。
 バミューダ……そのマジカル☆レイカは華麗に飛び降り、きらびやかな杖をひとふりする。
「必殺! マジカル・ミラクル・アターック!!!!」
 きらきら舞う謎の光線によって、男たちは「ぐわー」などと間抜けな叫び声をあげて次々と倒れる。
「お、おぼえてろー」
 お約束のように男たちはすて台詞を吐いて逃走した。
 俺はその一部始終をただポカーンと口をあけて見ているしかなかった。
 彼女はひと仕事したーとばかりに汗をぬぐっている。いつも下のほうで結ばれているおさげは上のほうで結ばれ、ラメの入ったリボンがかかっている。着ているものは安っぽいコスプレ服とかそんなちゃちなもんじゃない。遊園地とかで見るヒーローショーのような、まるで本物だ。本物のヒーロー、いや、ヒロインだった。
「だいじょう……あ!!!!」
「……バミューダ?」
 ようやく彼女は俺に気づいたようだった。
「ちっ、違うわ! 私はマジカル☆レイカよ」
「……」
「……マジカルとレイカの間には星印がつくの。これ、お約束よ」
「……うん、どうでもいい。てゆーかバミューダだよな」
 彼女は恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしてにらんでいる。
「なんでよりによって大吾なのよっ……!」
 彼女は自分がバミューダであることをようやく認めたようだった。
「はははは。なんつーの? 『マジカル……』えーと? 『ばみゅーだ☆とらいあんぐる』だっけ? はははは」
「違うもん! 違うもん!」
「もっかいやってみせろよー」
「うるっさい!」
 ばしっと叩かれる。全然痛くないけど、痛がってみせる。
「ぎゃー。これが『ばみゅーだ☆とらいあんぐる』の威力かー」
「いーかげんにしろー!」
 そこにいるのは見た目こそは違うけれど、まったく普段のバミューダだった。

 彼女は気まずそうにしながらも色々教えてくれた。
 数年前から魔法少女こんなことをしていること。あだ名撲滅委員会あいつらに勧誘され、力に目覚めたこと。
 こういうことをしてるのは、人にばれちゃいけないんだそーだ。さっき難しい顔をしてた理由をようやく理解する。だけど。
「なんでバミューダはあいつらをやっつけちゃったの? 変なあだ名撲滅委員会、だっけ」
 バミューダなら、そっち側にいってもおかしくないのに。
「……べっつにい」
「なんだよー。教えろよー。教えないならみんなにバラす」
「それはだめっ!」
 でも教えてくれたっていいじゃん。そうグチのようにつぶやくと、彼女はあっさりとこぼした。
「だってしょうがないじゃん。私が大豆生田麗香なら、たぶんずっとバミューダなんでしょ。そう呼ばれるのが私自身なんでしょ。……なんかよくわからなくなったけど、えっと、つまり、そう考えたら、私、嫌じゃなくなったもん」
 優等生みたいな答えだった。俺が気のない声を出したら、バミューダは怒ったように俺を見た。
「大吾……覚えてないの? それ言ったの、大吾なんだよ」
「は?」
 全然覚えてなかった。
「もう!! ばかー!!」
 なんでかわからないけどいっぱい叩かれた。よくわからないけど、俺は謝った。
 俺は必死で記憶をひねり出した。えーと、昔バミューダを泣かしたことがあって、そのときにこんなことを口走ったような気がする。イヤな記憶だから思い出さないようにしてたけど、バミューダは覚えてたのか……。
「このこと、絶対に内緒なんだからね。絶対に絶対」
 そう言われて、ちょっと勝った気になった。こんなこと他のやつは絶対に知らない。オージもだ。今日の告白がどうだったかなんて、もうどうでもよくなった。
 俺は聞いてみた。
「バミューダ……今度からマジカル☆レイカって呼んでいい?」
「絶・対・にイヤっ!!」

★ ☆ ★


2010.01.23 覆面作家企画4提出作に加筆訂正。

ピエロのへや:トップページ メールフォーム 
Copyright 2010 mizusawa All rights reserved.